シミやそばかすがどんどん増えることへの対応

もともと肌が白いこともあり、10代~20代前半はいくら日焼けしても赤くなって皮が剥けると白くなる体質だったので、あまり日焼け止めを塗らなくても黒くならずに済んでいました。
その頃の感覚のままで顔にファンデーションだけ、ときにはすっぴんのまま外に出たりしていると、30代に突入した頃から急にシミが目立つようになってきました。
特に妊娠してから顔のシミが一層大きく濃くなったように感じます。

ネットで調べると女性ホルモンの影響によるもので一時的なものだから出産するとまたシミは薄くなると説明してあるサイトが多く安心していたのですが、出産してもシミは変わりません。
それどころか細かいそばかすも目立つようになり、肌全体がくすんだような色になってしまいました。

体質の問題なのか日焼けの問題なのか原因ははっきりしないのですが、とりあえず何もしないよりは良いだろうと考え、今は外出するときには顔にも体にも日焼け止めを塗るようにしました。
日焼け止めはべた付いたりニオイが気になったりしてあまり好きではなかったのですが、子供と一緒に使えるというママ&キッズのUVライトベールという商品を買ったところ、サラサラしてニオイもしなくて日焼け止めを塗ることへの抵抗がなくなりました。

ポンプ式なのでいちいち振る必要もなく、簡単に自分にも子供にも塗ることができています。
また、美白にはビタミンCが良いだろうということで、DHCのサプリメントのビタミンCを飲み始めました。
ドラッグストアで手に入り、お手頃な価格なので、気軽に続けることができます。
継続して飲んでいると、少しだけシミが薄くなったように感じています。

アラサーからアラフォーで肌質が変わり、乾燥保湿対策がより大事に。

アラサーからアラフォーへとまっしぐら。
若いころと比べて変わったのは肌質。
若いころはどちらかというとオイリー肌だったのですが、歳をとるにつれて乾燥肌に変わってきました。

なので私は数年前から化粧水をさっぱりタイプからしっとりタイプに変えました。
これでも保湿が足りないと感じるようになれば、高保湿タイプに変えようと思います。

また、乾燥しないように保湿をしっかりとするように心がけています。
基本は化粧水だと思うので、洗顔後は化粧水をたっぷりと、時間をかけてつけています。
若いころはパシャパシャとたたくようなイメージでつけていましたが、歳とともに浸透力が落ちているようなので、最近は少しずつ時間をかけて押し込むような感じでつけています。多少時間はかかりますが、しっかりと保湿される感じがします。

化粧水をつけたら必ず乳液で蓋をします。
恥ずかしながら若いころは乳液をつけていませんでした。
でも乳液で蓋をしないと、水分が蒸発してしまうと知りそれからはしっかり乳液をつけるようにしています。

お肌の変化は急にやってくる!体験者は語る(笑)

20代のころは、何も考えずに化粧水や乳液を顔にバシャバシャ塗って終わり、という、とにかく簡単にしていました。
しかし、ある日突然その時はやってきました。

30歳を過ぎて数ヶ月後のことです。
朝起きて、顔を洗って鏡を見てみたら・・・
あれ?顔がパリパリする、おデコの皮が向けそうな感じがする。
昨日までは今までと変わらず普通だったのに、なぜ?

急に肌の体質が変わったわけではないよね?と頭の中はクエッションマークばかりでした。

化粧水を塗っても、乾燥でパリパリした感じは消えることなく、今日1日どうしようという気持ちで、もちろん化粧のノリも悪く、外出したくないくらいでした。
明日には元に戻るだろうと、安易に考えていました。
しかし違いました。

翌日も1週間後も、1ヵ月後も乾燥からくるツッパリ感や、所々皮がむけている部分は良くなりませんでした。
化粧水や乳液の塗り方を変え、2ヵ月を過ぎた頃にはツッパリ感などはなくなりました。
お肌のお手入れは、30代になったらきちんとしなくては、と改めて思いました。
お肌は正直ですね。